2011年01月13日

気遣い力

今日、会社の朝礼でいい話を聞きました。
「気遣い力」という話です。

人が人を思いやる人間力、「気遣い力」は人として大切な能力です。

  「気遣う」ために必要なこと… それはまず「気づく」ということ。
  「気づく」ためには「気がつく」ことが必要です。

「気がつく」「気づく」「気遣う」はそれぞれ似たような言葉に聞こえますが、
意味は全く違います。

      「気がつく」 → 「目配り」
      「気づく」  → 「気配り」   に置き換えてみます。
      「気遣う」  → 「心配り」

「目配り」は相手や周りに関心を持ち、問題意識を持った上で、五感のアンテナを張り巡らせ、無意識で感じることです。
「気配り」はアンテナに引っかかったものの本質を意識化・言語化することであり、「気配(けはい)」という言葉が示すとおり、うまく「察する」ということです。
「心配り」は「心配(しんぱい)」という言葉が示すとおり、親が子を心配するのと同様に愛情を持って行動で示すことです。

 即ち「気遣い力」とは、この3つの“配る力”で成り立っています。常に注意を行き届かせ、見て聞いて感じ取った一つ一つから、その本質を見極め、何をすればいいのかを配慮し、それを実際に行動であらわすことです。
 目を配り、気を配り、心を配る。この過程を習慣にすることができれば「気遣い力」は向上するそうです。みなさんいかがでしょうか。


posted by チャイルドラインにいがた at 17:51| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダミヒロさん

2/17(木)19〜21時の第5回養成講座は、一般公開講座です。
講師は質問家マツダミヒロ氏。

受け手を目指さない方もこの回のみ受講できます。
マツダミヒロさんに関してはホームページなどを見てみてください。
http://mahoq.jp/mm/index.html
すごい方のようです。
たくさんの皆様のお越しをおまちしています。

「魔法の質問で人生が変わる」会場:新潟市総合福祉会館
参加費:1000円(養成講座受講の方は受講料に含まれています。)
お申し込み:当日会場へ
posted by チャイルドラインにいがた at 17:43| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。