2007年07月03日

2007こどもの日キャンペーン報告

クリアアクセス数が激減
今年の参加団体は55団体 アンケート結果(24団体)から一部抜粋して報告します。

アクセス数は昨年の3分の一、着信は2分の一でした。
問い:その背景はどんなことが考えられるだろうか
1友達間でもメールのほうがコミュニケーションしやすい?
2子どもへの認知度が低いのでは?広報のやり方を工夫すべき。
3国が全国的に「いじめ相談ダイヤル」を開設したことによる影響?
4解決策を示してくれる電話の方が子ども達の需要は高いのだろうか?

次回に続く
posted by チャイルドラインにいがた at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46498205
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック