2004年11月04日

協賛

「チャイルドラインにいがた」団体会員について

A.正会員は本団体の趣旨に賛同し受け手養成講座を修了しかつ、運営に携わる方
 年会費(一般:3千円、学生:千円)
B.支援会員は本団体の趣旨に賛同し、資金援助および広報支援をして下さる方
 年会費 (個人:一口、千円以上、団体:一口、五千円以上)
 寄付は匿名可、金額の上下限ありません

電話受け手について

電話の受け手になるためには、活動に対する熱意と人を理解し受け入れようとする柔軟性があれば特別な資格は要りませんが、以下の条件を満たしていただく必要があります。(活動はすべてボランティアで報酬は一切ありません)
(1)「チャイルドライン」の主旨に賛同し、積極的に活動や運営に参加できる。
(2)養成研修講座を終了し、認定を受ける。
(3)50歳代くらいまでの方(男女不問)

支援会員のお願い

2003年5月全国のチャイルドラインで企画した「一週間フリーダイアル」では約8万件のアクセスがありました。チャイルドラインにいがたにも1日約100件のアクセスがありました。子どもが安心し、信頼できる「心の居場所」の必要性をあらためて実感し、2002年6月からは毎月第3月曜日、2003年9月からは毎週水曜日、午後5時から9時まで開設しています。電話をかけてくれた子ども達から「話しを聞いてくれてありがとう」、「また電話していい?」等の声があり、継続していくことの重要性を痛感しています。今後、私たちは子どもの声に応えるべく、行政や専門家の方々にも呼びかけ、 ”こども”について考えていくためのネットワーク作りを精力的に進めると同時に、研修会、学習会にも力を注いでいきたいと考えております。しかしながら、熱意だけでは困難であり、継続するための財政基盤の確立は不可欠です。つきましては、この事業を財政的に支援していただきたく、「支援会員」を募っております。どうぞ、主旨をご理解の上、多くの方々のご支援をお願い申し上げます。
尚、年会費は1年間有効。個人会員様には、「通信」をお届けし、団体会員様には「報告書」や「イベントチラシ」にお名前や御社・団体名を掲載させていただきます。また、ご寄付、匿名希望も随時承ります。

お振込先:郵便局


posted by チャイルドラインにいがた at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 協賛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。