2011年01月24日

第11期受け手養成講座開始

第11期受け手養成講座がスタートしました。
新聞への掲載がまだのため、もう少し人数も増えそうです。
たくさんの方に受講していただき、和やかな雰囲気の中、1回目が終了いたしました。
途中参加もOKですので、希望する方がいましたら、是非ご一報を…。

DSC_0011.JPG

DSC_0010.JPG
posted by チャイルドラインにいがた at 12:23| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

気遣い力

今日、会社の朝礼でいい話を聞きました。
「気遣い力」という話です。

人が人を思いやる人間力、「気遣い力」は人として大切な能力です。

  「気遣う」ために必要なこと… それはまず「気づく」ということ。
  「気づく」ためには「気がつく」ことが必要です。

「気がつく」「気づく」「気遣う」はそれぞれ似たような言葉に聞こえますが、
意味は全く違います。

      「気がつく」 → 「目配り」
      「気づく」  → 「気配り」   に置き換えてみます。
      「気遣う」  → 「心配り」

「目配り」は相手や周りに関心を持ち、問題意識を持った上で、五感のアンテナを張り巡らせ、無意識で感じることです。
「気配り」はアンテナに引っかかったものの本質を意識化・言語化することであり、「気配(けはい)」という言葉が示すとおり、うまく「察する」ということです。
「心配り」は「心配(しんぱい)」という言葉が示すとおり、親が子を心配するのと同様に愛情を持って行動で示すことです。

 即ち「気遣い力」とは、この3つの“配る力”で成り立っています。常に注意を行き届かせ、見て聞いて感じ取った一つ一つから、その本質を見極め、何をすればいいのかを配慮し、それを実際に行動であらわすことです。
 目を配り、気を配り、心を配る。この過程を習慣にすることができれば「気遣い力」は向上するそうです。みなさんいかがでしょうか。
posted by チャイルドラインにいがた at 17:51| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダミヒロさん

2/17(木)19〜21時の第5回養成講座は、一般公開講座です。
講師は質問家マツダミヒロ氏。

受け手を目指さない方もこの回のみ受講できます。
マツダミヒロさんに関してはホームページなどを見てみてください。
http://mahoq.jp/mm/index.html
すごい方のようです。
たくさんの皆様のお越しをおまちしています。

「魔法の質問で人生が変わる」会場:新潟市総合福祉会館
参加費:1000円(養成講座受講の方は受講料に含まれています。)
お申し込み:当日会場へ
posted by チャイルドラインにいがた at 17:43| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

受け手養成講座受講者 受付中!

第11期 受け手養成講座を開催いたします。

1月20(木)〜3月24(木)毎週木曜日 19:00〜21:00
場所:新潟市総合福祉会館 新潟市中央区八千代1丁目3番1号 TEL.025-248-6282

第1回 1月20日 「チャイルドラインの現状と理念」副代表
第2回 1月27日 「子どもの気持ちを考える」アサーティブトレーナー石附幸子氏
第3回 2月 3日 「子どもの福祉を考える」青陵大学教授押木先生
第4回 2月10日 「ネットゲームの世界から」ネトゲ住人コバジュン
第5回 2月17日 一般公開講座「魔法の質問で人生が変わる」質問家マツダミヒロ氏
第6回 2月24日 「思春期の子どもたちの性」村上保健所長佐々木綾子氏
第7回 3月 3日 実技 話の聴き方実技トレーニング
第8回 3月10日 実技 話の聴き方実技トレーニング
第9回 3月17日 実技 話の聴き方実技トレーニング
第10回 3月24日 実技 話の聴き方実技トレーニング

参加費8,000円
申し込みは名前、住所、携帯、アドレス、年齢を明記の上、
FAX 025−224−5556
携 帯 090−8253−4922(栗間)
メール kodomoline@yahoo.co.jp

認定基準は講演3回以上、実技2回以上出席です。
終了後、レポートの提出をお願いいたします。

※自分の成長にもつながります!
 是非、受講し「傾聴力」を高めましょう!
 たくさんのみなさんの参加をお待ちしております。

posted by チャイルドラインにいがた at 17:43| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

寅年の終わり

今年もあっという間に1年が過ぎました。
年を追うごとに1年が経つのが短くなっている感覚です。
来年も微力ながら、電話の相手役を務めていきたいと思っております。
また、受け手養成講座が開かれるようです。詳細は、日程や講師が決まりましたら
お知らせいたします。
来年もよろしくお願い申し上げます。
posted by チャイルドラインにいがた at 13:00| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

被害者支援フォーラムから

11月20日(土)被害者支援フォーラムが新潟市民プラザで開催され、大阪教育大学付属池田小学校で起きた平成13年6月8日の事件の被害者のお父様が「被害者支援の原点に戻って」という演題で講演されました。
私は、この事件以降、学校の安心・安全が強く意識されるようになったため、興味があり参加してきました。私が想像していた内容とは少し異なりましたが、そのときのお父さんお母さんの動き、そして、後からDNA判定で判ったお子様が刺されてしまってからの行動など、本当に臨場感のあふれたお話で、思わず泣いてしまいました。こんな事件が起きないような環境づくりに少しでも尽力していきたいと思いました。
posted by チャイルドラインにいがた at 13:06| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

「親と子の心理学」講座受講から

10月5日から全5回の「親と子の心理学」講座に参加しました。
昨日の最終日「聴くこと」を中心としたお話の中で紹介された本の一部をお話したいと思います。
その本は「プロカウンセラーの聞く技術(東山紘久:著)」という創元社から出ている本です。
昨日は、その中の一部「自分のことは話さない」という項目を中心にお話がありました。
〜プロのカウンセラーは自分のことを話しません〜から始まり、その理由として、相手の話す時間を取らないため。自分の個人的な話で相手に直接影響を与えることを極力さけるため、と上げられていました。
授業後の『共感』と『同情』の微妙な違いのディスカッションもおもしろかったです。
まだまだ学ぶべきことは多いです。
posted by チャイルドラインにいがた at 13:20| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

講演会に参加して

9月25日(土)「親になるって大変なの?」〜発達障害、子ども虐待を通じて見えてくる子育て〜という市民啓発講座に参加してきました。大正大学人間科学部臨床心理学科教授の玉井邦夫先生が2時間にわたり講演をしてくださいました。
それぞれ他人の男女が一緒に生活するようになることで、互いにストレスがかかること。(9ヶ月くらいで自然にお団子のようにしっくり行くようになる。)また、子どもが生まれることで一旦そのお団子が崩れ、またお団子のように丸くなるには今度は60〜90日。そのとき、赤ちゃんには無差別微笑が。
この関係が崩れやすいのが、発達障害、特に自閉症の子どもである、というお話でした。家族間でのキャッチボールがうまくいなかくなり、虐待につながりやすい。周囲の支え(私的な様々なつながり)が必要というお話は大変分かりやすく、時に先生の体験談もふまえてあり、聞きごたえがありました。【もっと内容は深いのですが、一言でまとめられません。】
最後に、虐待をしてしまう親は「なんとか家族としてつながっていたい」という気持ちが強いからおきる。子どもを育てにくいと感じたときにおきるということでしたので、表面だけの新聞やニュースの知識が大半だった私には大変勉強になりました。
posted by チャイルドラインにいがた at 08:19| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

夜の受け手

昨夜は夜の受け手の方が数名いました。9時過ぎの最後の電話を終えてから電話の傾向や今日自分が取った電話のことなどをちょっとゆっくり話すことができました。
いつもたくさんの電話をいただいている中で、受け手同士の話があまりできていませんでしたが、終わった後のひとときは有意義だったと思います。
posted by チャイルドラインにいがた at 08:19| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人からの電話

最近、大人(たぶん)からの電話があります。チャイルドラインは18歳以下の子どもからのお話を聴く活動をしています。
大人の方からの電話はお断りしておりますので、よろしくお願い申し上げます。
posted by チャイルドラインにいがた at 08:01| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする